山本長左 陶歴


◆平成二年六月  宮内庁より依頼を受け、
         天皇皇后両陛下御紋入器を
         製作。
◆平成二年十月  即位の礼「饗宴の儀」に使用の
         漆器を含む全和食器の菊花をデ
         ザイン。食器七品目を製作。
◆平成三年四月  宮内庁「饗宴の儀」和食器
         十一品目を納入。
◆平成四年二月  秋篠宮家 眞子様 内祝菓子器
         製作。
◆平成五年五月  皇太子様 雅子様 御成婚
         「饗宴の儀」に使用のオード
         ブル皿製作。
◆平成五年十一月 皇太子妃雅子様 御紋入器を
         製作。
◆平成七年六月  秋篠宮家 佳子様 内祝菓子器
         製作。
◆平成十二年十月 日本国政府より依頼を受け
         国際度量衡局へメートル条約
         一二五周年記念の白磁金襴手
         大皿を製作。
◆平成十九年十月   秋篠宮家 悠仁様 内祝菓子器
         製作。

宮内庁より依頼を受け
◆平成二十五年七月 家鶏図盆栽鉢製作。
◆平成二十六年三月 松竹梅盆栽鉢製作。
◆平成二十七年三月 金襴手蘭鉢製作。
◆平成二十八年三月 青華鶴に七宝紋蘭鉢製作。
◆平成二十九年三月 青華金彩鳳凰の図蘭鉢製作。
◆令和元年十月   天皇皇后両陛下御紋入器を
          息子と共に製作。
◆令和元年十月   即位の礼「饗宴の儀」に
          和食器六品目が平成に続いて
          継続使用される。